トヨタと豊田自動織機、トヨタ紡織、豊田合成の関係と違い

豊田自動織機、トヨタ紡織、豊田合成は、トヨタグループに属する。

ここでは、トヨタ自動車(以下、トヨタ)と豊田自動織機、トヨタ紡織、豊田合成の関係と違いを見ていく(2022年3月時点)

トヨタと豊田自動織機、トヨタ紡織、豊田合成の資本関係

トヨタと豊田自動織機、トヨタ紡織、豊田合成の資本関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。

toyota-motor-industry-boshoku-gosei-relations

「子会社」とは「親会社」が経営を支配している会社である。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である(詳細は文末)。

豊田自動織機など3社とトヨタとの関係は、3社が関連会社、トヨタがその他の関係会社という関係である。ここに親会社や子会社といった関係はない。

【 子会社 関連会社 一覧 】
トヨタ自動車 豊田自動織機 トヨタ紡織 豊田合成

豊田自動織機とトヨタ

豊田自動織機(読み:トヨタジドウショッキ)は、トヨタブランドの自動車やフォークリフトなどの産業車両、繊維機械などを手掛ける。

豊田自動織機はトヨタの関連会社である。またトヨタの母体でもある。このことから、豊田自動織機はトヨタの親会社であるという誤解が散見されるが、誤りである。

豊田自動織機の創業は1926年である。1933年に自動車の製造のため自動車部を設置、1937年に自動車部を独立しトヨタ自動車工業を設立した。現在の豊田自動織機のコア事業であるフォークリフトの製造を開始したのは戦後1956年であった。

豊田自動織機は上場子会社であるアイチコーポレーションの他、イヅミ工業や東久などを子会社として抱える。またUMCエレクトロニクスを関連会社としている

トヨタ紡織とトヨタ

トヨタ紡織(読み:トヨタボウショク)は、内装品やフィルタなど自動車部品や繊維製品を手掛ける。

トヨタ紡織はトヨタの関連会社である。トヨタ紡織はトヨタの子会社であるという誤解が散見されるが、これも誤りである。大手のトヨタ系と言われる自動車部品メーカーは、トヨタの子会社ではないことの方が多い。

例えば、デンソーやアイシンもトヨタの子会社ではない

トヨタ紡織の創業は1918年と豊田自動織機よりも早い。当時は豊田紡織と書いた。その後、中央紡織やトヨタ自動車工業との合併を経て、戦後に再び独立し民成紡織となる。2004年、アラコと高日と合併しトヨタ紡織となり現在に至る。

トヨタ紡織は、トヨタ紡織東北やコベルクなどを子会社として抱える。また東海化成工業やトヨタ車体精工などを関連会社としている。

豊田合成とトヨタ

豊田合成(読み:トヨダゴウセイ)は、インストルメントパネル構成部品やエアバッグ、ハンドルなどの自動車部品を手掛ける。豊田は「トヨダ」と読み、トヨタグループでは珍しく濁音のダを社名用いる。

豊田合成はトヨタの関連会社である。豊田合成は1949年、名古屋ゴムとして設立された。1973年に豊田合成と社名を変更し現在に至る。

豊田合成は、一榮工業や豊信合成、ティージーオプシードなどを子会社として抱える。またFTSなどを関連会社としている。

親会社と子会社、関連会社とは

「親会社」「子会社」もしくは「その他の関係会社」「関連会社」の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。これらを全てまとめて「関係会社」と呼ぶ。

資本関係説明

基本的に、図に示す議決権の所有割合によって関係が決まることが多い。ただし、その会社の重要性や具体的な関係などを考慮する場合もあり、常に議決権の所有割合によって決まる訳ではない。

トヨタグループ関連企業研究・業界研究自動車メーカー / 自動車部品メーカー
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました