デンソー、豊田自動織機、アイシンにおけるトヨタ出身役員の割合と推移

デンソー、豊田自動織機、アイシンはいずれもトヨタグループを代表する上場会社であり、トヨタ自動車の関連会社である(子会社ではない)。こちらの記事 では、全売上高に占めるトヨタ自動車向けの推移からデンソーとアイシンのトヨタ自動車への依存度を見た。

ここでは、自動車部品メーカーであるデンソーとアイシンに、自動車部品の他、自動車やフォークリフト、物流などを手掛ける豊田自動織機を加えた3社の取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者の割合と推移を見ていく(2021年3月時点)。

※関連記事:豊田通商、トヨタ紡織、豊田合成におけるトヨタ出身役員の割合と推移

トヨタ出身役員の割合

下の表に、各企業の取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者の割合を示す。「生え抜き 等」とは全取締役・監査役からトヨタ自動車出身の取締役・監査役を除いた割合である。即ち、生え抜きの他に、大学教授や弁護士、異業種での経営経験者などの社外取締役・社外監査役を含む。

また「トヨタ出身」とは、キャリアのスタートがトヨタ自動車、もしくは前身のトヨタ自動車工業・トヨタ自動車販売であった取締役・監査役の割合である。社外取締役・社外監査役であるトヨタ自動車出身者はこちらでカウントしている。また各年度は決算年度を表す(例:2020年度 = 2021年3月期)。

トヨタ出身役員表

デンソーの取締役・監査役は全期間に渡って12名であり、トヨタ自動車出身者は常に1名であった。割合・人数ともに全期間に渡ってデンソーの取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者が最も少ない。

2020年度(2021年3月期)において、1名のトヨタ自動車出身者は豊田章男 トヨタ自動車社長である。また代表取締役の2名はいずれもデンソーの生え抜きである。

豊田自動織機は3社の中では最もトヨタ自動車出身者の割合が高い。2020年度(2021年3月期)において、全取締役・監査役の人数が12名に対して、トヨタ自動車出身者は4名である。割合だけでなく、人数においても全期間に渡って豊田自動織機の取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者が最も多かった。

また代表取締役の4名のうち、会長と副社長の2名がトヨタ自動車出身者となっている。社長ともう1人の副社長は豊田自動織機の生え抜きである。

アイシンは2020年度(2021年3月期)において、全取締役・監査役の人数が13名に対して、トヨタ自動車出身者は3名である。ただし、代表取締役の2名はいずれもトヨタ自動車出身者となっている。

トヨタ出身役員の推移

上の表で示した3社の取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者の割合をグラフに示した。多少の上下があるものの、トヨタ自動車が常に一定の割合の人材を3社の取締役・監査役として送り込んでいることが分かる。

トヨタ出身役員グラフ

近年の3社の売上規模はそれぞれ下記のようになっており、取締役・監査役に占めるトヨタ自動車出身者の割合の低さは、各社の売上の大きさと定性的に一致する。

デンソー:約5兆円
アイシン:約3.5 ~ 約4兆円
豊田自動織機:2兆円強

トヨタグループ関連企業研究・業界研究自動車メーカー / 自動車部品メーカー
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました