村田製作所とTDK、太陽誘電の違いと比較【事業内容と企業研究】

村田製作所とTDK、太陽誘電はいずれも電子部品の大手である。ここでは、これら3社の違いを比較する(2022年3月時点)。

基本情報

村田製作所とTDK、太陽誘電はいずれも東証プライム市場に上場し、業種は「製造業」の「電気機器」に分類される。「電気機器」には次の上場会社が名を連ねる。

・日立製作所
・ソニーグループ
・パナソニックHD
三菱電機
富士通
・キヤノン
東芝
日本電気 など

※関連記事:電機メーカーの業界研究とランキング

業績と従業員の給与水準の違い

3社の業績 比較

3社のうち、村田製作所とTDKの売上高規模が大きく、2兆円に迫る。一方の太陽誘電の売上高は2社の20%程度にとどまる。利益水準は、村田製作所と太陽誘電の利益率が高く、およそ20%の営業利益率となる。一方、TDKの営業利益率は10%に満たない。

◆ 村田製作所 2022年 3月期
売上高:1兆8,125億円
営業利益:4,241億円
営業利益率:23.4%

◆ TDK 2022年 3月期
売上高:1兆9,021億円
営業利益:1,668億円
営業利益率:8.8%

◆ 太陽誘電 2022年 3月期
売上高:3,496億円
営業利益:682億円
営業利益率:19.5%

3社の給与水準 比較

3社の平均年間給与はいずれも700万円台であり、同等の水準にある。

◆ 村田製作所 2022年 3月期
従業員数:9,771人
平均年齢:40.1歳
平均年間給与:797.6万円

◆ TDK 2022年 3月期
従業員数:5,719人
平均年齢:43.4歳
平均年間給与:780.0万円

◆ 太陽誘電 2022年 3月期
従業員数:2,873人
平均年齢:42.0歳
平均年間給与:741.4万円

事業セグメントの違い

3社の事業セグメントについて見ていく。数字はいずれも2022年3月期のもの。

村田製作所の事業セグメント

村田製作所はグループとして、次の2つのセグメントで事業を展開する。

・コンポーネント
・モジュール

村田製作所の従業員およそ1万人のうち、約4,500人が「コンポーネント」、約1,500人が「モジュール」に属する。その他の従業員はその他の事業や本社部門に属する。

村田製作所グループとしては、連結従業員およそ8万人のうち、約6万人が「コンポーネント」、約1万人が「モジュール」に属する。

※関連記事:村田製作所の子会社 一覧

セグメント別の売上高は次の通り。売上高で見ると、規模に3倍程度の開きがある。

・コンポーネント
1兆3,840億円
・モジュール
4,255億円

なお、セグメントに含まれない売上高があるため、セグメント別の売上高の合計は連結売上高と一致しない。

TDKの事業セグメント

TDKはグループとして、次の4つのセグメントで事業を展開する。

・受動部品
・センサ応用製品
・磁気応用製品
・エナジー応用製品

TDKの従業員およそ6千人のうち、2千人弱が「受動部品」に属し、その他の事業には数百人規模で属する。

TDKグループとしては、連結従業員およそ12万人のうち、半数近い5万人が「エナジー応用製品」に属し、「受動部品」には3万人が属する。

※関連記事:TDKの子会社と関係会社 一覧

セグメント別の売上高は次の通り。「エナジー応用製品」が連結売上高の半分は程度を占め、TDKの最大事業となっている。

・受動部品
5,051億円
・センサ応用製品
1,307億円
・磁気応用製品
2,484億円
・エナジー応用製品
9,653億円

なお、セグメントに含まれない売上高があるため、セグメント別の売上高の合計は連結売上高と一致しない。

太陽誘電の事業セグメント

太陽誘電は「電子部品事業」のみの単一セグメントで事業を展開する。

太陽誘電の従業員およそ3千人に対して、太陽誘電グループには約2万人の連結従業員が属する。単一セグメントのため、セグメント別売上高はない。

※関連記事:太陽誘電の子会社 一覧

【 関連記事 】
京セラって何の会社? 事業内容と企業研究
富士通と富士通ゼネラル、富士通Japanの関係と違い

タイトルとURLをコピーしました