住友電工と住友電設、日新電機の関係と違い

住友電気工業(住友電工)の環境エネルギー関連事業における主要なグループ会社として住友電設、日新電機、そして住友電工ウインテックが挙げられる。ここでは、4社の関係を見ていく。

住友電工と住友電設、日新電機、住友電工ウインテックの資本関係

下の図に住友電工と住友電設、日新電機、住友電工ウインテックの資本関係を示す(数字は議決権の所有割合、2021年3月時点)。

SEI_energyRelation

「子会社」とは「親会社」が経営を支配している会社である。また似た言葉に関連会社というのがある。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である(詳細は文末)。例えば、住友ゴム工業は住友電工の関連会社である。

※関連記事:住友電工の子会社と関連会社 一覧

住友電設と住友電工

住友電設は設備工事を主力とする上場会社である。21年3月期の売上高は1,541億円。住友電設と住友電工は、住友電設が子会社、住友電工が親会社という関係である。つまり親子上場となっている。

住友電設の出自は1947年、関西電力の戦災復旧工事に協力するために住友電工出身者を中心に設立された太陽電気工事である。1985年に住友電設と社名を変更し、現在に至る。

住友電設は、住友電業やITソリューションサービスなど15社を子会社として所有する。

日新電機と住友電工

日新電機は電力機器やビーム・真空応用装置を主力とする上場会社である。21年3月期の売上高は1,247億円。日新電機と住友電工は、日新電機が子会社、住友電工が親会社という関係である。こちらも親子上場となっている。

日新電機は1917年の創業で、1937年に住友電工と提携を開始した。2007年に住友電工の子会社となったが社名を変更することはなく、創業から一貫して日新電機という社名である。

日新電機は、日新イオン機器や日新電機商事など26社を子会社として所有する。また、住友電設、日新電機ともに代表取締役会長、代表取締役社長は住友電工の出身である。

住友電工ウインテックと住友電工

住友電工ウインテックは巻線を主力とする。住友電工ウインテックと住友電工は、住友電工ウインテックが子会社、住友電工が親会社という関係である。今回挙げた4社の中では唯一の非上場会社であり、住友電工の完全子会社である。

親会社と子会社、関連会社とは

「親会社」「子会社」もしくは「その他の関係会社」「関連会社」の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。これらを全てまとめて「関係会社」と呼ぶ。

資本関係説明

基本的に、図に示す議決権の所有割合によって関係が決まることが多い。ただし、その会社の重要性や具体的な関係などを考慮する場合もあり、常に議決権の所有割合によって決まる訳ではない。

※関連記事:住友電工と住友ゴム工業、住友理工、住友電装の関係と違い

企業研究・業界研究
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました