三菱重工と三菱電機、三菱自動車の違いと関係

三菱重工業と三菱電機、三菱自動車工業の違いと関係について見ていく(2022年3月時点)。三菱電機や三菱自動車は三菱重工を出自に持つが、現在は薄い関係性にとどまる。

三菱重工と三菱電機、三菱自動車の資本関係

三菱重工と三菱電機、三菱自動車の3社に、親会社や子会社などの資本関係は存在しない

三菱重工の大株主は次の通り。三菱重工に親会社は存在しない。※「大株主」とは持株比率が高い株主を指すが、具体的な定義はない。ここでは各社が大株主であると報告している会社を列挙している。

大株主の名称所有株式数の割合(%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社15.61
株式会社日本カストディ銀行5.06
明治安田生命保険相互会社2.37
野村信託銀行株式会社1.93
三菱重工持株会1.83

三菱電機の大株主は次の通り。三菱電機に親会社は存在しない。

大株主の名称所有株式数の割合(%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社16.91
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT5.03
株式会社日本カストディ銀行4.63
明治安田生命保険相互会社3.87
三菱電機グループ社員持株会2.10

三菱自動車の大株主は次の通り。三菱自動車に親会社は存在しない。旧三菱財閥出身の企業として、三菱重工や三菱UFJ銀行が大株主として名を連ねている。

大株主の名称所有株式数の割合(%)
日産自動車株式会社34.02
三菱商事株式会社20.01
日本マスタートラスト信託銀行株式会社6.16
三菱重工業株式会社1.44
株式会社三菱UFJ銀行0.99

三菱自動車は日産自動車と三菱商事を「その他の関係会社」とする。つまり、三菱自動車は、日産自動車と三菱商事の「関連会社」である(数字は議決権の所有割合、詳細は文末)。

mitsubishi-motors-and-mitsubishi-group-relations

三菱重工と三菱電機、三菱自動車の事業内容

三菱重工の事業内容

三菱重工はグループとして、次の4つのセグメントを展開する。

・エナジー
・プラント・インフラ
・物流・冷熱・ドライブシステム
・航空・防衛・宇宙

◆ エナジー
セグメント「エナジー」では、火力や原子力、風力の発電システム、航空機用エンジン、コンプレッサなどの事業を手掛ける。

◆ プラント・インフラ
セグメント「プラント・インフラ」では、製鉄機械や商船、エンジニアリングなどの事業を手掛ける。

◆ 物流・冷熱・ドライブシステム
セグメント「物流・冷熱・ドライブシステム」では、物流機器やターボチャージャ、エンジン、冷熱製品などの事業を手掛ける。

◆ 航空・防衛・宇宙
セグメント「航空・防衛・宇宙」では、民間や防衛航空機、飛翔体、艦艇、特殊車両などの事業を手掛ける。

※関連記事:三菱重工の子会社と関連会社 一覧

三菱電機の事業内容

三菱電機はグループとして、次の6つのセグメントを展開する。

・重電システム
・産業メカトロニクス
・情報通信システム
・電子デバイス
・家庭電器
・その他

詳細は『三菱電機って何の会社? 事業内容と企業研究』にて。

※関連記事:三菱電機の子会社と関連会社 一覧

三菱自動車の事業内容

三菱自動車はグループとして、次の2つのセグメントを展開する。

・自動車
・金融

◆ 自動車
セグメント「自動車」では、自動車の研究・開発/商品企画から生産、物流、販売、アフターサービスまでを手掛ける。

◆ 金融
セグメント「金融」では、三菱自動車ファイナンスが国内において、自動車のリースや販売金融などを手掛けている。

三菱自動車グループの従業員の99.4%はセグメント「自動車」に所属する。セグメント「金融」に属する従業員はグループ従業員の約3万人のうち、200人に満たない。

※関連記事:三菱自動車の子会社と関連会社 一覧

三菱重工と三菱電機、三菱自動車の沿革

三菱重工の沿革

三菱重工は1917年、三菱合資会社から造船部を引き継ぎ、三菱造船として設立された。1934年に一度、現在の社名である三菱重工業に変更している。戦後、財閥解体の一環として三菱重工業は次の3社に分割された。

・中日本重工業
・東日本重工業
・西日本重工業

1952年に3社は社名に「三菱」を復活させ、それぞれ次の社名に変更した。

・新三菱重工業
・三菱日本重工業
・三菱造船

1964年、分割された3社が合併を果たし、現在の三菱重工業となった。

三菱電機の沿革

三菱電機の出自は三菱重工である。三菱電機は1921年、三菱造船神戸造船所の電機製作所を継承して創立された。

詳細は『三菱電機って何の会社? 事業内容と企業研究』にて。

三菱自動車の沿革

三菱自動車の出自は三菱重工である。三菱自動車は1970年、三菱重工の自動車部門が独立し、三菱自動車工業として設立された。

2000年代からの相次ぐリコール隠しなどの不正により経営危機が続き、現在の株主構成に落ち着いた。

【 関連記事 】
三菱ケミカルと三菱ガス化学、三菱マテリアルの違いと関係
東芝三菱電機産業システム(TMEIC)と東芝、三菱電機の関係

企業研究・業界研究自動車メーカー / 自動車部品メーカー電機メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました