大塚製薬と大鵬薬品、アース製薬、ニチバンの関係

大塚ホールディングスは国内の製薬大手で、医薬品の他に食品や飲料なども手掛けている。ここでは大塚ホールディングスを中心とした企業群の関係を見ていく(2021年12月時点)。

大塚製薬と大鵬薬品、アース製薬、ニチバンの資本関係

下の図に、大塚ホールディングス(大塚HD)と主要な関係会社の資本関係を示す(数字は議決権の所有割合)。5社のうち、大塚HDとニチバン、アース製薬が上場会社である。※点線は間接所有を表す。

otsuka_relation

「子会社」とは「親会社」が経営を支配している会社である。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である(詳細は文末)。

※関連記事:大塚ホールディングスの子会社と関連会社 一覧

大鵬薬品工業と大塚製薬

大塚グループを代表する大塚製薬、大鵬薬品工業と大塚HDは、大塚製薬と大鵬薬品工業が子会社、大塚HDが親会社という関係である。議決権を100%所有している為、完全子会社となっている。

大塚グループに占める大塚製薬の規模は大きく、1/3程度を占めている。2021年12月期は大塚HDの売上高1兆4,983億円に対し、大塚製薬の売上高は5,225億円であった。

2008年、大塚HDが株式移転により設立され、大塚製薬は大塚HDの傘下となった。大鵬薬品工業は大塚製薬の子会社であったが、大塚HDの直接の傘下に入ることとなり、同時に株式交換により100%子会社化された。 ※株式交換と株式移転の違いとは

ニチバンと大鵬薬品工業

ニチバンはセロテープで知られる上場会社である。セロテープはニチバンの登録商標となっている。

ニチバンは大鵬薬品工業の関連会社であり、大鵬薬品工業はニチバンのその他の関係会社である。同時に、ニチバンは大塚HDの関連会社でもある。ニチバンと大鵬薬品工業の関係は長く、1976年の業務提携と資本参加に始まる。

ただしニチバンと大鵬薬品工業の取引関係は浅く、ニチバンの大鵬薬品工業との取引高は200万円でしかない。ニチバンの売上高は約400億円である。※いずれも2021年3月期の数字

アース製薬と大塚グループ

アース製薬はバスロマン、モンダミン、アースノーマットで知られる上場会社である。

アース製薬と大塚HDの間に直接の資本関係はない。大塚HDの子会社である大塚製薬、大鵬薬品工業、大塚製薬工場、大塚化学によりアース製薬の議決権が所有されている。その間接的な所有によって、アース製薬と大塚HDは、アース製薬が関連会社、大塚HDがその他の関係会社という関係になっている。

アース製薬と大塚グループの関係は長く、1970年に資本参加することから始まった。また、アース製薬はバスクリン、白元アースを完全子会社として傘下に置く。

親会社と子会社、関連会社とは

「親会社」「子会社」もしくは「その他の関係会社」「関連会社」の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。これらを全てまとめて「関係会社」と呼ぶ。

資本関係説明

基本的に、図に示す議決権の所有割合によって関係が決まることが多い。ただし、その会社の重要性や具体的な関係などを考慮する場合もあり、常に議決権の所有割合によって決まる訳ではない。

企業研究・業界研究化学メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました