ソシオネクストって何の会社? どんな会社? 事業内容と業績【祝 上場!】

ソシオネクストは2022年9月、東証プライムへの上場が承認された。ソシオネクストの事業について見ていく(2022年9月時点)。

ソシオネクストの沿革と富士通、パナソニックとの関係

ソシオネクストは2015年、富士通セミコンダクターとパナソニックのSoC事業を統合し、事業を開始した。上場前の時点でソシオネクストの議決権は富士通が40%、パナソニックホールディングスが20%を所有している。

上場前の時点においてソシオネクストと富士通、パナソニックホールディングスは、ソシオネクストが関連会社、富士通とパナソニックホールディングスがその他の関係会社という関係である。つまり富士通やパナソニックホールディングスは、ソシオネクストの親会社ではない。

上場会社としてのソシオネクストと業種

ソシオネクストは東証プライム市場に上場し、業種は「製造業」の「電気機器」に分類される。「電気機器」にはソシオネクストの他、次の上場会社が名を連ねる。

・日立製作所
・ソニーグループ
・パナソニックHD
三菱電機
富士通
・キヤノン
東芝
日本電気 など

※関連記事:電機メーカーの業界研究とランキング

ソシオネクストの業績と従業員の給与水準

ソシオネクストの2022年3月期の業績は次の通り。

【 2022年 3月期 】
売上高:1,170億円
営業利益:85億円
営業利益率:7.2%

2023年3月期の業績予想は次の通り。売上高は約1.5倍、営業利益率は2桁の大台に乗る見込みとされている。

【 2023年 3月期 予想 】
売上高:1,700億円
営業利益:170億円
営業利益率:10%

中期事業計画では、売上高については年間平均成長率で10%台後半、営業利益率で10%前半~半ばを目指すとしている。

従業員の給与水準は次の通り。

従業員数:2,177人
平均年齢:49.2歳
平均年間給与:799万円

ソシオネクストの事業セグメント

ソシオネクストはグループとして、「ソリューションSoC事業」のみの単一セグメントで事業を展開するファブレスの半導体ベンダーである。ソシオネクストグループは、ソシオネクストと連結子会社7社、持分法適用関連会社2社で構成される。

単一事業であるソリューションSoC事業の売上高は、次の3通りで計上される。売上高の7割を製品売上が占める。

・製品売上:846億円(72.3%)
・NRE売上:281億円(24.0%)
・その他:43億円(3.7%)

NREとは、Non-Recurring Engineering の略で、製品の設計や試作などを指す。ソシオネクストでは、製品の開発段階における人件費や試作品製造などの費用を顧客から受け取り、NRE売上として計上している。

ソシオネクストの子会社と関連会社 一覧

ソシオネクストの連結子会社は次の7社。

・Socionext America Inc.
・Socionext Europe GmbH
・Socionext Technology Pacific Asia Ltd.
・Socionext Technology(Shanghai)Co., Ltd.
・Socionext Taiwan Inc.
・Socionext Global Platform Inc.
・Socionext Korea Ltd.

ソシオネクストの持分法適用関連会社は次の2社。

・トリニティ・セミコンダクター・リサーチ合同会社
・XVTEC Ltd.

【 関連記事 】
富士通って何の会社?
富士通と富士通ゼネラル、富士通Japanの関係と違い

企業研究 何の会社? シリーズ電機メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました