GMOインターネットって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

複数の上場会社を擁するGMOインターネットグループの中核企業、GMOインターネットについて見ていく(2021年12月時点)。

GMOインターネットの沿革

GMOインターネットは1991年、㈱ボイスメディアとして設立された。1995年、商号をインターキューと変更。1998年のアルティマックスとの形式上の合併を経て、1999年ジャスダック市場に上場を果たした。

2001年には商号をグローバルメディアオンラインと変更、2005年にGMOインターネットと変更し、現在に至る。

上場会社としてのGMOインターネットと業種

GMOインターネットは東証プライム市場に上場し、業種は「運輸・情報通信業」の「情報・通信業」に分類される。「情報・通信業」にはGMOインターネットの他、次の上場会社が名を連ねる。

・日本電信電話(NTT)
・ソフトバンクグループ
・ソフトバンク
・KDDI
・エヌ・ティ・ティ・データ
・Zホールディングス
・大塚商会
・野村総合研究所 など

GMOインターネットの業績

GMOインターネットの売上高は直近10年で伸び続けている。2012年12月期には700億円台だった売上高は、現在では2,000億円を超える。売上高の伸びに伴って営業利益も伸びており、直近10年の営業利益率は10%を下回らない。

【 2022年 3月期 】
売上高:2,414億円
営業利益:411億円
営業利益率:17.0%

GMOインターネットの事業セグメント

GMOインターネットはグループとして、次に示す5つのセグメントで事業を展開する。GMOグループはGMOインターネットの他、連結子会社106社などで構成される。

・インターネットインフラ事業
・インターネット広告・メディア事業
・インターネット金融事業
・暗号資産事業
・インキュベーション事業

2021年12月期におけるセグメント別の売上高は次の通り。インターネットインフラ事業の事業規模が最も大きく、連結売上高の半分以上(57.5%)を占める。

※関連記事:GMOインターネットの子会社 一覧

【 セグメント別 売上高 】
・インフラ:1,388億円(57.5%)
・広告・メディア:521億円(21.6%)
・金融:339億円(14%)
・暗号資産:206億円(8.5%)
・インキュベーション:16億円(0.7%)

なお、赤字のセグメントはないが、5つのセグメントに含まれない「その他」において6億円の営業損失を計上している。なお全社調整分を含むため、セグメント別の売上高の合計は全社の売上高と一致しない。

各セグメントの事業内容は次の通り。

インターネットインフラ事業

このセグメントは、ドメイン事業、クラウド・ホスティング事業、EC支援事業、電子認証・印鑑事業、決済事業、アクセス事業で構成される。

インターネットインフラ事業はGMOインターネットの他、次の関係会社で構成される。

・GMOグローバルサイン・ホールディングス
・GMOペパボ
・GMOペイメントゲートウェイ
・GMOフィナンシャルゲート など

インターネット広告・メディア事業

このセグメントは、インターネット広告事業、インターネットメディア事業、インターネットリサーチ・その他事業で構成される。

インターネット広告・メディア事業はGMOインターネットの他、次の関係会社で構成される。

・GMOアドパートナーズ
・GMO TECH
・GMOメディア
・GMOリサーチ など

インターネット金融事業

このセグメントは、インターネット金融事業の単一事業で構成される。

インターネット金融事業は、次の関係会社で構成される。

・GMOフィナンシャルホールディングス
・GMOクリック証券
・FXプライムbyGMO など

暗号資産事業

このセグメントは、暗号資産交換事業、暗号資産マイニング事業、暗号資産決済事業で構成される。

暗号資産事業はGMOインターネットの他、次の関係会社で構成される。

・GMOコイン
・GMO-Z.com Trust Company など

インキュベーション事業

このセグメントは、ベンチャーキャピタル事業の単一事業で構成される。

インキュベーション事業は、次の関係会社で構成される。

・GMO VenturePartners など

【 関連記事 】
サイボウズって何の会社?
エムスリーって何の会社?

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました