アスクルって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

アスクルの事業について見ていく(2022年5月時点)。

アスクルの沿革

アスクルは1993年、プラス株式会社によるアスクル事業の開始に始まる。1997年、休眠会社をアスクル株式会社とし、プラスのアスクル事業を譲り受ける。2000年にJASDAQに上場、2004年には東証一部へ上場を果たした。

2012年にヤフー(現 Zホールディングス)と業務資本提携を締結し、ヤフーの傘下に入った。

上場会社としてのアスクルと業種

アスクルは東証プライム市場に上場し、業種は「商業」の「小売業」に分類される。「小売業」にはアスクルの他、次の上場会社が名を連ねる。

・セブン&アイHD
・イオン
・ファーストリテイリング
・パン・パシフィック・IHD
・ヤマダHD
・ウエルシアHD
・ ツルハHD
・ビックカメラ など

Zホールディングス傘下としてのアスクル

Zホールディングスはアスクルを連結子会社としている。アスクルはZホールディングスを親会社とはしておらず、その他の関係会社としている。

Zホールディングスはソフトバンクグループの子会社であり、ソフトバンクグループジャパン、ソフトバンク、Aホールディングスの子会社でもある。つまり、アスクルはソフトバンクグループ傘下ともいえる。

参考:ソフトバンクとZホールディングス、ヤフー、ラインの関係

アスクルの業績と従業員の給与水準

アスクルは直近10年で、売上高を2,000億円台から4,000億円台にほぼ倍増させている。売上高の割に利益は大きくなく、直近10年で営業利益率が5%を超えたことはない。ただしその間も営業黒字、最終黒字は確保している。

【 2022年 5月期 】
売上高:4,285億円
営業利益:143億円
営業利益率:3.3%

従業員の給与水準は次の通り。

従業員数:847人
平均年齢:41.1歳
平均年間給与:776万円

アスクルの事業セグメント

アスクルはグループとして、次に示す2つのセグメントで事業を展開する。アスクルグループは、アスクルと子会社8社で構成される。

・eコマース事業
・ロジスティクス事業

2022年5月期におけるセグメント別の売上高は次の通り。ほぼ全ての売上高をeコマース事業が計上している。またロジスティクス事業は34億円のセグメント損失(赤字)を計上している。

eコマース:4,187億円
ロジスティクス:90億円

なお全社調整分を含むため、セグメント別の売上高の合計はアスクル連結売上高と一致しない。

eコマース事業

eコマース事業は、OA・PC用品や事務用品、オフィス生活用品の他、章句良品や化粧品、ペット用品まで手掛ける。販売チャネルはBtoB事業とBtoC事業に区分される。

BtoB事業は、インターネットやFAXで注文を受けたオフィス用品などを翌日に配送するサービス。アスクルの他、子会社のアルファパーチェスやビジネスマート、ソロエルがBtoB事業に属する。

BtoC事業は、BtoB事業を一般消費者向けに展開したサービス「LOHACO」を手掛ける。アスクルの他、子会社のチャームなどがBtoC事業に属する。

ロジスティクス事業

ロジスティクス事業は、eコマース事業で培った物流ノウハウを、物流や配送の請け負いや輸送サービスに展開している。子会社のASKUL LOGISTがロジスティクス事業に属する。

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました