エムスリーって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

エムスリーの事業について見ていく(2022年3月時点)。エムスリーは2000年、ソネット・エムスリーとして設立された。2004年に東証マザーズに上場、2010年に商号をエムスリーと変更し現在に至る。

上場会社としてのエムスリーと業種

エムスリーは東証プライム市場に上場し、業種は「サービス業」の「サービス業」に分類される。「サービス業」にはエムスリーの他、次の上場会社が名を連ねる。

・日本郵政
・電通グループ
・リクルートホールディングス
・楽天グループ
・パーソルホールディングス
・セコム
・博報堂DYホールディングス など

ソニーグループとしてのエムスリー

エムスリーとソニーグループは、エムスリーが関連会社、ソニーグループがその他の関係会社という関係である。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である。

ソニーグループはエムスリーの議決権を33.9%所有する筆頭株主であり、またソニーグループの吉田会長兼社長CEOがエムスリーの社外取締役を兼務している。

【 子会社 関連会社 一覧 】
ソニーグループ エムスリー

エムスリーの業績

エムスリーは直近10年で急激な売上成長を遂げている。2013年3月期には200億円台であった売上高は現在、2,000億円を超え約10倍となった。利益率も高く、直近10年の営業利益率は25%を下回らない。

【 2022年 3月期 】
売上高:2,082億円
営業利益:951億円
営業利益率:45.7%

高収益体質を反映し、従業員の給与も高水準にある。

従業員数:574人
平均年齢:34.7歳
平均年間給与:902万円

エムスリーの事業セグメント

エムスリーはグループとして、次に示す5つのセグメントで事業を展開する。

・メディカルプラットフォーム
・エビデンスソリューション
・キャリアソリューション
・サイトソリューション
・海外

2022年3月期におけるセグメント別の売上高は次の通り。売上高の半分近くをメディカルプラットフォームが占める(41.3%)。海外売上高比率は約25%となっている。

・メディカル:859億円(41.3%)
・エビデンス:228億円(10.9%)
・キャリア:141億円(6.8%)
・サイト:352億円(16.9%)
・海外:518億円(24.9%)

なお全社調整額などを含むため、セグメント別の売上高の合計はエムスリー連結売上高と一致せず、割合の合計は100%とならない。

各セグメントの事業内容は次の通り。

メディカルプラットフォーム

・医療関連会社マーケティング支援
・調査
・一般企業向けマーケティング支援
・開業・経営サービス
・「治験君」サービス
・CSO事業
・電子カルテ等の開発・販売
・医療機器等の開発・販売

メディカルプラットフォームは、エムスリーの他、関係会社であるエムスリーマーケティングやインフロント、インサイト・アイなどが手掛ける。

エビデンスソリューション

・CRO事業
・SMO事業

エビデンスソリューションは、関係会社であるメディサイエンスプラニングやノイエスなどが手掛ける。

キャリアソリューション

・医療従事者等向け人材サービス

キャリアソリューションは、関係会社であるエムスリーキャリアが手掛ける。

サイトソリューション

・医療機関の運営サポート
・訪問看護

サイトソリューションは、関係会社であるシーユーシーやソフィアメディなどが手掛ける。

海外

・マーケティング支援
・調査
・医療従事者向け人材サービス
・治験支援事業

海外は、関係会社であるM3 USA や M3(EU) などが手掛ける。

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました