サイボウズって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

サイボウズの事業について見ていく(2021年12月時点)。

サイボウズの沿革

サイボウズは1997年、愛媛県松山市で設立された。事業拡大のため、1998年に大阪市に本社機能を移転。2000年に東証マザーズに上場し、さらに本社機能を東京に移す。2006年には東証一部に上場を果たした。

上場会社としてのサイボウズと業種

サイボウズは東証プライム市場に上場し、業種は「運輸・情報通信業」の「情報・通信業」に分類される。「情報・通信業」にはサイボウズの他、次の上場会社が名を連ねる。

・日本電信電話(NTT)
・ソフトバンクグループ
・ソフトバンク
・KDDI
・エヌ・ティ・ティ・データ
・Zホールディングス
・大塚商会
・野村総合研究所 など

サイボウズの業績と従業員の給与水準

サイボウズの売上高は右肩上がりで増えている。2012年12月期の売上高41億円に対し、2021年12月期の売上高は185億円と5倍近く伸びている。売上高の伸びに伴い利益面での成長も遂げている。

【 2021年 12月期 】
売上高:185億円
営業利益:14億円
営業利益率:7.8%

従業員の給与水準は次の通り。

従業員数:737人
平均年齢:34.8歳
平均年間給与:611万円

サイボウズの事業セグメント

サイボウズはグループとして、「ソフトウェアの開発、販売」のみの単一セグメントで事業を展開する。サイボウズグループは、サイボウズと子会社6社、関連会社2社で構成される。

主要な関係会社は次の通りで、セグメント「ソフトウェアの開発、販売」に属する。次に示す会社は全てサイボウズの完全子会社となっている。

連結子会社主要な事業の内容
サイボウズ・ラボ株式会社ソフトウェア技術の研究開発
才望子信息技術(上海)有限公司ソフトウェアの開発・販売
Cybozu Vietnam Co., Ltd.ソフトウェアの開発
Kintone Corporationソフトウェアの販売
KINTONE AUSTRALIA PTY LTDソフトウェアの販売

ザイボウズ・ラボが東京都にある他は、中国、ベトナム、米国、オーストラリアに子会社を所有している。なお米国のKintone Corporationは3.5億円の債務超過となっている。

【 関連記事 】
エムスリーって何の会社?

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました