三菱マテリアルって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

三菱マテリアルの事業について見ていく(2022年3月時点)。

三菱マテリアルの沿革

三菱マテリアルの創業は古く、150年前にさかのぼる。1871年、九十九商会が紀州新宮藩の炭鉱を租借し、鉱業事業に着手したことから始まった。1918年に三菱鉱業が設立、1949年に東証に上場した。

1973年、三菱鉱業と三菱セメント、豊国セメントが合併し、商号を三菱鉱業セメントとする。1990年に三菱鉱業セメントと三菱金属が合併、商号を三菱マテリアルとし、現在に至る。

上場会社としての三菱マテリアルと業種

三菱マテリアルは東証プライム市場に上場し、業種は「製造業」の「非鉄金属」に分類される。「非鉄金属」には三菱マテリアルの他、次の上場会社が名を連ねる。

・住友電気工業
・住友金属鉱山
・古河電気工業
・DOWA HD
・UACJ
・フジクラ
・三井金属鉱業
・日本軽金属HD など

三菱マテリアルの業績と従業員の給与水準

三菱マテリアルの売上高は直近10年、1兆円から2兆円を超えない規模で安定して推移する。利益についても営業利益は数百億円の規模で安定して推移している。つまり売上高、営業利益ともに成長は見られない。

【 2022年 3月期 】
売上収益:1兆8,118億円
営業利益:527億円
営業利益率:2.9%

従業員の給与水準は次の通り。

従業員数:6,208人
平均年齢:42.0歳
平均年間給与:666万円

三菱マテリアルの事業セグメント

三菱マテリアルはグループとして、次に示す6つのセグメントで事業を展開する。三菱マテリアルグループは、三菱マテリアルと子会社141社、関連会社37社で構成される。

・高機能製品
・加工事業
・金属事業
・セメント事業
・環境・エネルギー事業
・その他の事業

※セメント事業に関しては2022年4月にUBE三菱セメントに事業継承している。

2022年3月期におけるセグメント別の売上高は次の通り。( )内は連結売上高に占める各セグメントの割合。三菱マテリアルの売上の半分を金属事業が占めている。また、金属事業と高機能製品の2事業で売上の8割を占めるに至る。

・高機能製品:4,859億円(26.8%)
・加工事業:1,326億円(7.3%)
・金属事業:9,972億円(55.0%)
・セメント事業:2,098億円(11.6%)
・環境・エネルギー:179億円(1.0%)
・その他の事業:2,536億円(14.0%)

なお調整分を含むため、売上の合計は連結売上高と一致せず、割合の合計は100%とならない。各セグメントの事業内容は次の通り。

※関連記事:三菱マテリアルの子会社と関連会社 一覧

高機能製品

銅加工品、電子材料を主要な製品とする。その他、機能材料・電子デバイス・化成品・多結晶シリコンなどの製造・販売を手掛ける。

三菱マテリアルの他、子会社の三菱マテリアル電子化成や三菱電線工業などがこのセグメントに属する。

加工事業

超硬製品を主要な製品とする。三菱マテリアルの他、子会社のMOLDINOや日本新金属などがこのセグメントに属する。

金属事業

非鉄金属精錬(銅、金、銀、パラジウム、硫酸など)を主要な製品とする。三菱マテリアルがこれらの製品を扱う他、子会社のインドネシア・カパー・スメルティングや小名浜精錬などがこのセグメントに属し、精錬業を営んでいる。

セメント事業

セメント、骨材、生コンクリート、コンクリート製品を主要な製品とする。

環境・エネルギー事業

エネルギー、環境リサイクルを主要な製品とする。三菱マテリアルや関連会社の湯沢地熱が地熱・水力発電を営む他、家電リサイクルやバイオマスなどの環境リサイクル事業を営む。

その他の事業

三菱マテリアルや三菱マテリアルテクノが土木・建設などのエンジニアリングを手掛ける。その他、三菱マテリアルトレーディングがグループ会社へ資材の提供、購買の代行、商品の販売を手掛けている。

※関連記事:三菱ケミカルと三菱ガス化学、三菱マテリアルの違いと関係

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました