メタウォーターと富士電機と日本ガイシの関係

富士電機は重電大手の一角、日本ガイシはセラミック技術を主力とする大手メーカーである。ここでは現在の富士電機、日本ガイシとメタウォーターの関係を見ていく(2021年3月時点)。

関連記事:ノリタケとTOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業の関係と違い

富士電機、日本ガイシとメタウォーターの資本関係

富士電機、日本ガイシとメタウォーターの資本関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。

メタウォーター_資本関係

「子会社」とは「親会社」が経営を支配している会社である。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である(詳細は文末)。

富士電機、日本ガイシともにメタウォーターの議決権を24.4%所有する。富士電機とメタウォーターの関係、日本ガイシとメタウォーターの関係は、いずれも「その他の関係会社」と「関連会社」の関係である。

※詳細記事:日本ガイシの子会社と関連会社 一覧

合弁事業としてのメタウォーター

富士電機と日本ガイシは子会社として「富士電機水環境システムズ」と「NGK水環境システムズ」をそれぞれ設立。これら子会社に水環境事業を承継した。2008年、両子会社の合併によりメタウォーターは発足した。

この時点での両社の議決権の所有割合は50%:50%であった。

また合併の際、合併比率は富士電機水環境システムズとNGK水環境システムズで1:1と、名実ともに対等合併を果たしている。その後、2014年にメタウォーターは東証一部に上場し現在に至る。

メタウォーターは、ウォーターネクスト横浜、テクノクリーン北総、メタウォーターサービスなどを子会社として抱える。メタウォーターの連結売上高に占めるメタウォーターサービスの売上高は10%を超えている。

【 2021年 3月期 売上高 】
メタウォーター:1334億円
メタウォーターサービス:157億円

親会社と子会社、関連会社とは

「親会社」「子会社」もしくは「その他の関係会社」「関連会社」の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。これらを全てまとめて「関係会社」と呼ぶ。

資本関係説明

基本的に、図に示す議決権の所有割合によって関係が決まることが多い。ただし、その会社の重要性や具体的な関係などを考慮する場合もあり、常に議決権の所有割合によって決まる訳ではない。

企業研究・業界研究電機メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました