日揮と日揮グローバルの違いと売上高 推移

日揮ホールディングス(HD)と日揮、日揮グローバルについて見ていく(2022年3月時点)。

日揮HDと日揮、日揮グローバルの資本関係

2019年、日揮は持株会社体制に移行し、商号を日揮ホールディングス(日揮HD)に変更した。同時に日揮プラントイノベーションの商号を日揮と変更し国内EPC事業を、日揮グローバルを新設し海外EPC事業をそれぞれ継承させた。

【 2019年~ 新グループ経営体制 】
日揮(国内外EPC事業) → 日揮HD(持株会社)
日揮プラントイノベーション → 日揮(国内EPC)
新設:日揮グローバル(海外EPC)

JGC-reorganization

日揮グループの事業

日揮グループは下記の3つの事業を抱える。EPC事業を営む日揮および日揮グローバルは「総合エンジニアリング事業」に属し、さらにその中の「設計・調達・建設分野」に属する。

【 日揮グループの3事業 】
・総合エンジニアリング事業
・機能材製造事業
・その他事業
【 総合エンジニアリング事業 】
・設計・調達・建設 分野
・検査・保守 分野
・プロセスライセンシング 分野

総合エンジニアリング事業には他に、青森日揮プランテック(子会社)や米国ユニバーサルオイルとの合弁である日揮ユニバーサル(関連会社)などが属する。青森日揮プランテックは検査・保守分野、日揮ユニバーサルはプロセスライセンシング分野に属する。

また機能材製造事業には、日揮触媒化成(子会社)や日本ファインセラミックス(子会社)が属する。その他事業には、日揮ビジネスサービス(子会社)や水ing(関連会社)が属する。

日揮と日揮グローバルの売上高 推移

国内EPC事業を継承した日揮と、海外EPC事業を継承した日揮グローバルの、新制・日揮グループでの立ち位置を売上高推移から見ていく。現在の体制が成立した2019年以降の日揮HD、日揮、日揮グローバルの売上高を下の表に示す。

売上高 [ 億円 ]2020年3月2021年3月2022年3月
日揮HD4,8084,3404,284
日揮1,1081,4251,045
日揮グローバル1,1042,1402,534

現在の体制となったのは2019年10月以降のため、2020年3月期の日揮と日揮グローバルの売上高は実力よりも小さい値となっている。年間を通して現在の体制で売上高を計上したのは2021年3月期以降である。

これをグラフに表すと次のようになる。日揮と日揮グローバル以外の事業の売上を「その他」として下のグラフに示す。
(売上高)その他 = 日揮HD – 日揮 – 日揮グローバル

JGC-revenue-graph

日揮グループの今後

日揮HDは2025年度の財務目標として売上高8,000億円を掲げている。これは2021年3月期の売上高4,339億円から84%増の数字である。このうちEPC事業、非EPC事業でそれぞれ下記の目標としている。

【 EPC事業 】
3,377億円 → 6,500億円(92%増)
【 非EPC事業 】
962億円 → 1,500億円(56%増)

【関連する記事】

三井住友建設と三井住建道路、三井住友建設鉄構エンジニアリングの関係
三井住友建設は、前田建設工業や熊谷組と並ぶ準大手(中堅)ゼネコンである。スーパーゼネコンと呼ばれる大林組、鹿島など5社の売上高が1~2兆円なのに対し、三井住友建設は売上高5,000億円の規模である。 ここでは三井住友建設グループの主要...

企業研究・業界研究
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました