コマツ、日立建機、タダノ ロシア向け出荷の見合わせと影響

小松製作所(コマツ)

小松製作所(コマツ)はロシア向けの出荷を見合わせることを決定した(2022/3/4)。ロシアのウクライナ侵攻に起因するサプライチェーンの混乱や金融・経済への影響を理由として挙げている。

深刻化するウクライナ情勢およびロシア経済の混乱に関しては、社長をトップとする緊急対策本部を発足し、対応の協議を続けていた。今後も続けるとしている。

また、ウクライナ情勢に関しては、「一刻も早く平和的に事態が収束することを強く祈念」すると述べるにとどまった。

コマツの建設機械・車両事業の売上高に占めるロシア向け(CISと呼称)の割合は下記の通りである。直近では5%前後、1,000億円台で推移していたが、ウクライナへの侵攻後の決算ではCIS向けの売上高、割合とも高まっている。

2018年 3月期:4.8 % (1,085 億円)
2019年 3月期:5.5 % (1,346 億円)
2020年 3月期:5.8 % (1,274 億円)
2021年 3月期:5.7 % (1,123 億円)
2022年 3月期:7.2 % (1,844 億円)

なお、コマツのロシアにおける生産拠点、販売拠点は下記の通り。ロシアでの生産は停止している(2022/4/8発表)。ただし、2022/4/28時点での社長のコメントでは、ロシアからの撤退は考えていないとのこと。

・生産拠点
コマツマイニング
クラネクスインターナショナル
コマツロシア製造

・販売拠点
Joy Global LLC
コマツ・シー・アイ・エス

また、パーツセンター、リマン・リビルドセンター、トレーニングセンターを持つ。

日立建機

同日(2022/3/4)、同業の日立建機も日本からロシアへの出荷の見合わせと、日立建機ユーラシアLLCでの生産停止を発表した。ただし発表から1ヶ月経った2022/4/27時点では部品の在庫を活用し、少ないながらも生産を続けているとのこと。

日立建機の売上高に占めるロシア向け(ロシアCISと呼称)の割合は下記の通りである。直近では3%前後、300億円前後で推移している。

2020年 3月期:3.5 % (326 億円)
2021年 3月期:2.8 % (227 億円)
2022年 3月期:3.8 % (386 億円)
タダノ

建設用クレーンの大手であるタダノも出荷を見合わせることを発表した。タダノはロシアの他にベラルーシ、ならびにウクライナにて独立を宣言した地域への製品・部品の出荷を停止するとしている。

タダノの売上高に占めるこれらの国等の割合は1%程度であり、影響は軽微としている(2022/3/30時点)。

【建設機械に関する記事】

建設機械 主要6社 中期経営計画 一覧【まとめ】
建設機械 主要6社(小松製作所、日立建機、神戸製鋼所、住友重機械工業、クボタ、タダノ)の中期経営計画を下記にまとめる。 小松製作所(コマツ) 2019年度 ~ 2021年度 中期経営計画 小松製作所(コマツ) 2022年度...
竹内製作所、コベルコ建機の米国工場を買収
2022年2月、建設機械メーカーの竹内製作所が同業のコベルコ建機(神戸製鋼所の完全子会社)より米国工場を約39億円で取得した。 竹内製作所の完全子会社であるTAKEUCHI MFG.(U.S.), LTD. がコベルコ建機の完全子会社...

企業研究・業界研究
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました