メイテックってどんな会社? 事業内容と企業研究

メイテックの事業について見ていく(2022年3月時点)。

メイテックの沿革

メイテックは1974年、名古屋市において名古屋技術センターとして設立された。

1984年に商号をメイテックに変更する。1987年には名証二部へ上場、1998年には東証一部、名証一部へ昇格を果たした(現在は名証上場を廃止)。

上場会社としてのメイテックと業種

メイテックは東証プライム市場に上場し、業種は「サービス業」の「サービス業」に分類される。「サービス業」にはメイテックの他、次の上場会社が名を連ねる。

・日本郵政
・電通グループ
・リクルートホールディングス
・楽天グループ
・パーソルホールディングス
・セコム
・博報堂DYホールディングス など

メイテックの業績

メイテックは成長を続けており、ここ数年は売上高1,000億円の規模で推移している。営業利益は100億円以上を維持しており、営業利益率は10%を超える。

【 2022年 3月期 】
売上高:1,071億円
営業利益:128億円
営業利益率:12.0%

メイテックの事業セグメント

メイテックはグループとして、次に示す2つのセグメントで事業を展開する。メイテックグループはメイテックの他、連結子会社5社で構成される。

・エンジニアリングソリューション事業
・エンジニア紹介事業

2022年3月期におけるセグメント別の売上高は次の通り。エンジニアリングソリューション事業の売上高は、メイテック連結売上高のほぼ全て(98.7%)を占める。なお、いずれの事業も黒字を確保している。

【 セグメント別 売上高 】
・ソリューション:1,057億円
・エンジニア紹介:15億円

各セグメントの事業内容は次の通り。

エンジニアリングソリューション事業

この事業では、エンジニアの派遣事業を営んでいる。メイテックグループ6社において、次の5社がこの事業に携わる。

・メイテック
・メイテックフィルダーズ
・メイテックEX
・メイテックキャスト
・メイテックビジネスサービス

連結従業員1万2,442名のうち、99%以上にあたる1万2,371名がこのセグメントに属する。

エンジニア紹介事業

この事業では、エンジニアに特化した職業紹介事業を営んでいる。メイテックグループ6社において、メイテックネクストがこの事業に携わる。連結従業員1万2,442名のうち、1%に満たない71名がこの事業に属する。

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました