STUDIOUS と UNITED TOKYO、PUBLIC TOKYO の違い

国内で展開するSTUDIOUS や UNITED TOKYO、PUBLIC TOKYOは、いずれも港区に本社を置く株式会社TOKYO BASE が単独で展開する(2022年1月時点)。

業態(ショップ、ブランド)の種類と違い

TOKYO BASEは次の5つの事業を主軸に、日本国内の他、香港と中国で事業を展開する。

・STUDIOUS
・UNITED TOKYO
・PUBLIC TOKYO
・A+ TOKYO
・THE TOKYO

各事業の特徴は次の通り。

STUDIOUS

ターゲット:20~30代(もっとも若い)

客単価:2.3万円

コンセプト:トレンド型セレクトショップ

商品:国内のブランド商品(90%程度)

UNITED TOKYO

ターゲット:20~40代

客単価:1.5万円

コンセプト:コンテンポラリーモードブランド

商品:日本製のオリジナル商品

PUBLIC TOKYO

ターゲット:20~40代

客単価:1.5万円

コンセプト:コンテンポラリーカジュアルブランド

商品:日本製のオリジナル商品

A+ TOKYO

ターゲット:20~40代

客単価:1.5万円

コンセプト:アクティブブランド

商品:日本製のオリジナル商品

THE TOKYO

ターゲット:30~50代(もっとも高い)

客単価:7.0万円(もっとも高い)

コンセプト:ハイエンド型セレクトショップ

商品:国内のブランド商品(95%程度)

取り扱う商品

STUDIOUS、THE TOKYO で取り扱う「国内のブランド商品」の例は次の通り。

・JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN
・MIHARA YASUHIRO
・AMERI
・muller of yoshiokubo
・UNDERCOVER
・AKIRA NAKA
・TOGA PULLA
・Yohji Yamamoto など

「日本製のオリジナル商品」はTOKYO BASEの企画担当者が国内の縫製メーカーと連携し、制作・販売を行っている。商品は、UNITED TOKYO、PUBLIC TOKYO、A+ TOKYOのブランド別に分けられている。

各業態の店舗数

業態別の店舗数は次の通り。店舗数のおよそ半分をSTUDIOUSが占め、UNITED TOKYOがそれに続く(2022年1月時点)。

◆ 路面店 10店舗
STUDIOUS:7店
UNITED TOKYO:1店
PUBLIC TOKYO:1店
THE TOKYO:1店

◆ 大都市圏ファッションビル 43店舗
STUDIOUS:19店
UNITED TOKYO:12店
PUBLIC TOKYO:9店
A+ TOKYO:3店
THE TOKYO:1店

◆ 香港 3店舗
STUDIOUS:1店
UNITED TOKYO:1店
PUBLIC TOKYO:1店

◆ 中国 20店舗
STUDIOUS:10店
UNITED TOKYO:7店
PUBLIC TOKYO:3店

TOKYO BASE と各業態の業績

2022年1月期におけるTOKYO BASE の業績は次の通り。2021年1月期に最終損失(赤字)に転落したものの、1年で黒字化を果たした。

売上高:176億円
営業利益:9.5億円
営業利益率:5.4%

各業態の売上高は次の通り。売上高のおよそ半分をSTUDIOUSが占め、UNITED TOKYOがそれに続く。店舗数が多いほど、売上高は大きくなっている。

STUDIOUS:84億円
UNITED TOKYO:56億円
PUBLIC TOKYO:30億円
A+ TOKYO:1.9億円
THE TOKYO:1.8億円

その他、TOKYO DEPARTMENT STORE と NEW MARKET TOKYO で合計20億円ほどの売上がある。

TOKYO BASEの子会社 一覧

TOKYO BASE の子会社は次の通り。

・TOKYO BASE HONG KONG., ltd.(100%)
・東百国際貿易(上海)有限公司(100%)

※東百国際貿易は、TOKYO BASE HONG KONGが100%出資する。いわゆる孫会社の状態となっている(正式には子会社という)。

【 関連記事 】
ファーストリテイリングとユニクロ、GU、セオリー、プラステの関係と違い

ユナイテッドアローズと green label relaxing, beauty & youth など各ブランドの違い

企業研究・業界研究
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました