オリックスって何の会社? どんな会社? 事業内容と企業研究

オリックスはリースや不動産、保険など非常に幅広い事業を展開している。そのため、「オリックスは〇〇の会社だ」と一言で言うのは難しい。

ここでは沿革や業種、セグメントなど複数の視点から、オリックスの事業内容について見ていく(2022年3月時点)。

オリックスの沿革と多角化

オリックスは1964年、次の3商社+5銀行を株主とし、オリエント・リースとして設立された。オリエント・リースは当時の日本に無かった「リース」という金融手法を日本へ導入し、そのパイオニアとなった。

・日綿実業(現 双日)
・日商(現 双日)
・岩井産業(現 双日)
・三和銀行(現 三菱UFJ銀行)
・東洋信託銀行(現 三菱UFJ信託銀行)
・日本勧業銀行(現 みずほ銀行)
・神戸銀行(現 三井住友銀行)
・日本興業銀行(現 みずほ銀行)

現在、これらの商社や銀行はオリックスの大株主ではない。初代社長は日綿実業の社長を務めた福井慶三、2代目社長は三和銀行出身の乾恒雄。

オリエント・リースは1988年、阪急ブレーブス(現 オリックス・バファローズ)を買収しプロ野球チームの経営に進出した。1989年には社名を現在のオリックスへ変更した。オリックスは造語であり、「ORIGINAL」と「X」の組み合わせとされている。

ORIGINAL(独創性)+ X(無限大)= ORIX

オリックスは「リース」の会社として設立された。リースを起点とし隣接する事業へ多角化していったのが、現在のオリックスの姿である。オリックスは今後も新領域を開拓し、事業領域を拡大していくとしている。

上場会社としてのオリックスと業種

オリックスは東証プライム市場とニューヨーク証券取引所に上場し、東証では「金融・保険業」の「その他金融業」に分類される。「その他金融業」にはオリックスの他、次の上場会社が名を連ねる。

・三菱HCキャピタル(三菱UFJリース+日立キャピタル)
・東京センチュリー
・芙蓉総合リース
・みずほリース
・イオンフィナンシャルサービス
・クレディセゾン など

業績と従業員の給与水準

オリックスは売上高に相当する営業収益で2兆円を超える規模を誇る。また営業利益率は10%を超えるレベルで推移する。2022年3月期の業績は次の通り。

【 2022年 3月期 】
営業収益:2兆5,204億円
営業利益:3,021億円

従業員の給与水準は次の通り。

従業員数:2,968人
平均年齢:43.7歳
平均年間給与:885万円

事業セグメント

オリックスはグループとして、次に示す10のセグメントで事業を展開する。オリックスグループは、オリックスの他、1006社の連結子会社と152社の関連会社で構成される。

・法人営業・メンテナンスリース
・不動産
・事業投資・コンセッション
・環境エネルギー
・保険
・銀行・クレジット
・輸送機器
・ORIX USA
・ORIX Europe
・アジア・豪州

オリックスグループの連結従業員3万2,235人のうち約8,000人が「不動産事業」に属し、これが最大規模である。一方、オリックス単体では単体従業員2,968人のうち約半数が「法人営業・メンテナンスリース」に属しており、これが最大規模である。

2022年3月期における各セグメント利益は次の通り。なおセグメント利益の合計は5,512億円となり、オリックスの連結営業利益などとは一致しない。

orix-segment-profit-graph

セグメント利益合計の45.6%を法人営業・メンテナンスリースが稼ぐ。また海外のセグメントも一定の割合を占めており、USA、Europe、アジア・豪州の合計は32.3%を占める。一方、事業投資・コンセッションや輸送機器では小幅ながら赤字となっている。

※関連記事:オリックスの子会社と関連会社 一覧

次の項目からは、オリックスの10のセグメントの事業内容を見ていく。

法人営業・メンテナンスリース

【 事業内容 】
・金融・各種手数料ビジネス
・リースやレンタル(自動車、電子計測器・IT関連機器など)

このセグメントの主要会社としてオリックスの他、オリックスレンタカーを展開するオリックス自動車、電子計測器などのレンタルを展開するオリックス・レンテックなどが挙げられる。

不動産

【 事業内容 】
・不動産開発
・賃貸
・管理
・施設運営
・不動産のアセットマネジメント

このセグメントの主要会社としてオリックスの他、オリックス不動産、オリックスアセットマネジメントなどが挙げられる。

事業投資・コンセッション

【 事業内容 】
・企業投資
・コンセッション

コンセッションとは施設の所有権を国や自治体が所有したまま、施設の運営を民間企業が行う方式のことをいう。

このセグメントの主要会社として挙げられるのは、オリックスのみである。

環境エネルギー

【 事業内容 】
・国内外再生可能エネルギー
・電力小売
・省エネルギーサービス
・ソーラーパネル
・蓄電池販売
・廃棄物処理

このセグメントの主要会社としてオリックスの他、オリックス環境などが挙げられる。

保険

【 事業内容 】
・生命保険

このセグメントの主要会社として、オリックス生命保険が挙げられる。また、次に示すようにオリックス生命の収益は、オリックスの営業収益の大きな割合を占める。

【 2022年 3月期 】
オリックス連結営業収益:2兆5,204億円
オリックス単体売上高:5,883億円
オリックス生保経常収益:5,104億円

銀行・クレジット

【 事業内容 】
・銀行
・無担保ローン

このセグメントの主要会社として、オリックス銀行とオリックス・クレジットが挙げられる。

輸送機器

【 事業内容 】
・航空機のリースと管理
・船舶関連の投融資

このセグメントの主要会社としてオリックスの他、ORIX Aviation System Limited が挙げられる。

ORIX USA

【 事業内容 】
・金融(米州)
・投資(米州)
・アセットマネジメント(米州)

このセグメントの主要会社として、ORIX Corporation USA が挙げられる。

ORIX Europe

【 事業内容 】
ブローバル株式・債権のアセットマネジメント

このセグメントの主要会社として、ORIX Corporation Europe が挙げられる。

アジア・豪州

【 事業内容 】
・金融(アジア・豪州)
・投資(アジア・豪州)

このセグメントの主要会社としてORIX Asia や ORIX Leasing Malaysia、欧力士(中国)投資有限公司などが挙げられる。

企業研究 何の会社? シリーズ
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました