積水化学と積水化成品、積水樹脂、日本興業の関係

積水化学グループは複数の上場会社を抱える。中核会社である積水化学工業の他に、積水化成品工業、積水樹脂、そして日本興業である。ここでは積水化学グループ上場4社の資本関係を見ていく(2021年3月時点)。

積水化学工業と積水化成品工業、積水樹脂、日本興業の資本関係

積水化学グループを形成する上場会社の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。

積水化学G_資本関係

「子会社」とは「親会社」が経営を支配している会社である。「関連会社」とは「その他の関係会社」が重要な影響を与えることができる子会社以外の会社である(詳細は文末)。

※関連記事:積水化学の子会社と関連会社 一覧

積水化成品工業と積水化学工業

積水化成品と積水化学は、積水化成品が関連会社、積水化学がその他の関係会社という関係である。積水化成品は1948年、文化企業株式会社として設立された。1963年に積水スポンジ工業、1969年に積水化成品工業となる。

1973年に、東証二部に上場した。現在は東証プライムへ上場している。

積水化成品は、積水化成品北海道、積水化成品関西などを子会社として抱える。

積水樹脂と積水化学工業

積水樹脂と積水化学は、積水樹脂が関連会社、積水化学がその他の関係会社という関係である。積水樹脂は1954年、アドヘヤ紙工としてアドヘヤ封筒の製造販売を開始した。その後、アドヘヤ化工、積水アドヘヤ工業を経て、1970年に現在の商号である積水樹脂となる。

1971年に大証2部に上場、1986年には東証1部へ上場を果たした。

積水樹脂は、スペーシアや積水樹脂キャップシステム、積水樹脂商事を子会社として抱える。また日本興業以外に、近藤化学工業を関連会社としている。

日本興業と積水樹脂

日本興業と積水樹脂は、日本興業が関連会社、積水樹脂がその他の関係会社という関係である。日本興業は1956年、香川ブロック工業として設立された。1969年に日本興業と商号を変更している。2004年にジャスダックに上場した。

日本興業は、ニッコーエクステリア、サンキャリー、エヌアイシーを子会社として抱える。

積水化学の主要な子会社

積水化学の主要な子会社として、積水メディカル、積水ポリマテックが挙げられる。積水メディカルは積水化学の完全子会社(発行済株式の100%を所有)である。積水ポリマテックは議決権の91%を積水化学が、9%を稲畑産業が所有する。

その他、徳山積水工業、セキスイハイム工業、積水成型工業などを子会社として抱える。また上述の関連会社の他に、住化積水フィルムやセキスイハイム東海、茨城セキスイハイムなどを関連会社としている。

セキスイハイムと積水ハウス

なお、上場会社である積水ハウスの出自は積水化学である。現在、積水化学が所有する積水ハウスの株式の割合は5%程度であり、積水ハウスは積水化学から独立した企業グループとなっている。

現在の積水化学グループが展開する住宅部門はセキスイハイムであり、積水ハウスとは異なる。

親会社と子会社、関連会社とは

「親会社」「子会社」もしくは「その他の関係会社」「関連会社」の関係を下の図に示す(数字は議決権の所有割合)。これらを全てまとめて「関係会社」と呼ぶ。

資本関係説明

基本的に、図に示す議決権の所有割合によって関係が決まることが多い。ただし、その会社の重要性や具体的な関係などを考慮する場合もあり、常に議決権の所有割合によって決まる訳ではない。

【 関連記事 】
住友化学と住友ファーマ、田岡化学工業、田中化学研究所の関係

企業研究・業界研究化学メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました