ICとLSIの違い

ICまたはLSIとは、コンデンサやトランジスタなどを1つの半導体の表面にまとめた(集積した)電子部品の事をいう。ICは集積回路、LSIは大規模集積回路と訳される。

ICとLSIの違い

LSIは、ICに含まれる。ICは集積回路の総称であり、ICの中で大規模なものをLSIと呼ぶ。ICの分類は下記の通り。

SSI 小規模集積回路
MSI 中規模集積回路
LSI 大規模集積回路
VLSI 超大規模集積回路
ULSI 超々大規模集積回路

上記の規模は、1つのICに集約される素子数で分類されている。

ムーアの法則によると、「半導体の集積密度は18ヶ月~24ヶ月で2倍」になる。ムーアの法則とは、インテルの創業者であるムーアが唱えた将来技術の予測である。近年までの半導体は概ねこの法則に従って技術が進歩してきた。

近年でのICとLSIの区別

上述のように、早いペースで進歩を続ける技術に対して、大規模→超大規模→超々大規模という名称で表現し続けることが困難になった。そのため現在では大規模以上の集積回路を総称してLSIと呼ぶことが多い。また集積回路を総称してICまたはLSIと呼び、区別を付けないことも多くある。

【半導体に関連する記事】

信越化学工業と信越ポリマー、三益半導体工業の関係
信越化学工業は塩化ビニル樹脂や半導体シリコンウエハで世界トップの企業であり、日本を代表する高収益企業である。ここでは信越化学グループに属する上場会社の資本関係を見ていく(2021年3月時点)。 信越化学と信越ポリマー、三益半導体工業の資本...

ビジネス用語電機メーカー関連
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました