転職活動の面接はクールビズで行ってもOK?【経験者が語る】

こんにちは、同業他社へ転職した経験者です。ここでは転職活動の面接はクールビズで行って良いのか?スーツの方が良いのか? ついてお伝えします。

簡単に自己紹介をすると、私はこんなサラリーマンです。

・とある国立大学の工学部卒
・メーカーでエンジニア

・29歳の時、業界4位 → 最大手へ転職

※関連記事:同業他社への転職 ~経験者が全てを語る~

私はクールビズで行きました

私は転職活動の際、クールビズで面接を受けました。理由は次の2つです。

1. 夏なので暑かった
2. 就活用のダサいスーツしか持ってなかった

1. 夏なので暑かった

私が転職活動をしていたのは夏でした。駅のホームではリクルートスーツを着た就活生が暑そうにしていたのを覚えています。

社会人になってまで、あの我慢はしたくないと思いました。暑さに耐えながらジャケットを着る、合理的な理由が見つかりません。

2. 就活用のダサいスーツしか持ってなかった

私には、こちらの理由が大きかったです。29歳にもなって、あのダサいスーツを引っ張り出して着るのか…と。

メーカーでエンジニアをしているため、普段は私服か作業着で働いています。面接の為だけに新しいスーツを買うというのも、もったいない気がしました。

この2つの理由によって、私はクールビズで面接に行くことを決意しました。

一応、ドレスコードを確認しました

とは言っても、クールビズで面接に行くのは失礼だと思われるかも知れません。私は念のため、面接の数日前に応募先の人事にメールで問い合わせました。問い合わせたのは次の2点。

・クールビズで伺うことは可能か
・その他に気を付けるべきドレスコードはあるか

問い合わせの回答は「当社は現在クールビズ期間に入っておりますので、涼しい服装でお越しください」というものでした。

私は当日、半袖のワイシャツにノーネクタイという出で立ちで面接に向かいました。

周りの応募者はスーツでした

面接に行くと私以外にも応募者がいましたが、クールビズで来ていたのは私だけでした。リクルートスーツを着た私より年上の方もいました。その方とは、その後同期となります。

誰も周りに興味を持つような雰囲気ではなかったため、自分だけ浮いているということはありませんでした。

結論

結論として、社会人として常識的な服装をしていれば問題ないと思います。そもそも服装は応募者の本質ではありません。ただし、私のように心配なら応募先の人事に問い合わせるというのも手です。

※関連記事:同業他社への転職 ~経験者が全てを語る~

同業他社に転職
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました