セブン&アイ・ホールディングスの子会社と関連会社 一覧

セブン&アイグループはセブン&アイ・ホールディングスと関係会社197社で構成される(2022年2月時点)。※子会社と関連会社の違いはコチラ

セブン&アイ・ホールディングスの子会社

セブン&アイ・ホールディングスの子会社は下記の通り。議決権の所有割合の( )内は間接所有割合で内数。

子会社議決権(%)
株式会社セブン‐イレブン・ジャパン100.0
7-Eleven, Inc.100.0(100.0)
株式会社イトーヨーカ堂100.0
株式会社ヨークベニマル100.0
株式会社そごう・西武100.0
株式会社セブン銀行46.4(46.4)
株式会社セブン‐イレブン・沖縄100.0(100.0)
株式会社セブンドリーム・ドットコム68.0(68.0)
株式会社セブンネットショッピング100.0(100.0)
株式会社セブン・ミールサービス90.0(90.0)
SEJ Asset Management & Investment Company100.0(74.6)
SEI Speedway Holdings, LLC100.0(100.0)
Speedway LLC100.0(100.0)
7-Eleven International LLC100.0(100.0)
SEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.100.0(100.0)
セブン‐イレブン(中国)投資有限公司100.0(100.0)
セブン‐イレブン北京有限公司65.0(65.0)
セブン‐イレブン成都有限公司100.0(100.0)
セブン‐イレブン天津有限公司100.0(100.0)
株式会社ライフフーズ100.0(100.0)
株式会社ヨーク100.0
株式会社シェルガーデン99.9(10.0)
株式会社丸大100.0(100.0)
株式会社サンエー100.0(100.0)
株式会社ヨーク警備100.0(100.0)
アイワイフーズ株式会社100.0(100.0)
株式会社セブンファーム100.0(100.0)
株式会社Peace Deli100.0(60.0)
イトーヨーカ堂(中国)投資有限公司100.0(100.0)
華糖洋華堂商業有限公司100.0(100.0)
成都伊藤洋華堂有限公司80.0(80.0)
株式会社池袋ショッピングパーク60.7(60.7)
株式会社ごっつお便100.0(100.0)
株式会社地域冷暖房千葉43.4(43.4)[18.2]
株式会社赤ちゃん本舗95.0(10.3)
株式会社バーニーズジャパン100
株式会社オッシュマンズ・ジャパン100
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ100.0
株式会社ロフト75.2(75.2)
株式会社ニッセンホールディングス100.0(100.0)
株式会社ニッセン100.0(100.0)
株式会社SCORE51.0(51.0)
株式会社マロンスタイル100.0(100.0)
株式会社セブン・フィナンシャルサービス100.0
株式会社セブン・カードサービス98.9(98.9)
株式会社セブンCSカードサービス51.0(51.0)
株式会社バンク・ビジネスファクトリー100.0(100.0)
株式会社セブン・ペイメントサービス100.0(100.0)
FCTI, Inc.100.0(100.0)
株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク100.0(51.0)
株式会社セブン&アイ・ネットメディア100
株式会社セブンカルチャーネットワーク100.0(100.0)
株式会社八ヶ岳高原ロッジ100.0(100.0)
株式会社テルベ99.0(99.0)
株式会社セブン&アイ・フィナンシャルセンター100

その他 118社

セブン&アイ・ホールディングスの関連会社

セブン&アイ・ホールディングスの関連会社は下記の通り。議決権の所有割合の( )内は間接所有割合で内数。

持分法適用関連会社議決権(%)
タワーベーカリー株式会社20.0(20.0)
山東衆邸便利生活有限公司35.0(35.0)
株式会社天満屋ストア20.1(20.1)
株式会社ダイイチ30.0(30.0)
株式会社Francfranc23.5
タワーレコード株式会社45
ニッセン・クレジットサービス株式会社50.0(50.0)
TORANOTEC株式会社23.4(23.4)
アイング株式会社29.7(29.7)
ぴあ株式会社18.5(9.2)

その他 14社

【 子会社と関連会社 一覧 】
イオン ファーストリテイリング

【 関連記事 】
イオンとダイエー、マルエツ、マックスバリュ関東の関係

子会社 関連会社 一覧
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました