信越化学工業の子会社と関連会社 一覧

信越化学グループは、信越化学工業と子会社131社、関連会社13社で構成される(2021年3月時点)。※子会社と関連会社の違いはコチラ

信越化学の子会社

信越化学の子会社は下記の通り。議決権の( )内は間接所有割合で内数。

子会社議決権(%)
シンテックINC.100
信越半導体㈱100
シンエツハンドウタイアメリカInc.100.0(100.0)
シンエツPVC B.V.100.0(100.0)
信越エンジニアリング㈱100
S.E.H.マレーシア SDN.BHD.100.0(100.0)
台湾信越半導体(股)70.0(70.0)
信越ポリマー㈱53.3(0.1)
SE タイローズ GmbH & Co.KG100.0(100.0)
信越アステック㈱99.7(1.8)
シンエツシリコーンズタイランドLTD.100
シンエツハンドウタイヨーロッパLTD.100.0(100.0)
アジアシリコーンズ モノマーLTD.100.0(100.0)
日本酢ビ・ポバール㈱100
シムコアオペレーションズPTY.LTD.100.0(100.0)
長野電子工業㈱90
直江津電子工業㈱100.0(100.0)
S - E, INC.100
シンエツエレクトロニクスマテリアルズシンガポールPte.Ltd.100
信越有机硅国際貿易(上海)有限公司100
信越ファインテック㈱100.0(100.0)
シンエツマグネティクスフィリピンINC.100
CIRES, Lda.100.0(100.0)
シンエツシンガポール PTE.LTD.100
韓国信越シリコーン㈱100
シンエツマレーシアSDN.BHD.100
日信化学工業㈱100
シンエツマイクロサイINC.100.0(100.0)
台湾信越シリコーン(股)93.3(6.7)
シンエツシリコーンズオブアメリカInc.100.0(100.0)
シンエツシリコーンズヨーロッパB.V.100
信越光電(股)80.0(80.0)
シンエツポリマーマレーシアSDN.BHD.100.0(100.0)
シンエツポリマーヨーロッパB.V.100.0(100.0)
シンエツインターナショナルヨーロッパB.V.100
日本レジン㈱100.0(100.0)
直江津精密加工㈱100.0(100.0)
スカイワードインフォメーション システム㈱100.0(20.0)
信濃電気製錬㈱100
㈱福井環境分析センター100
信越フィルム㈱100
㈱シンエツ.テクノサービス76.9(11.5)
シンエツポリマーアメリカInc.100.0(100.0)
直江津産業㈱100
信建総合設備㈱100.0(100.0)
㈱埼玉シンコーモールド100.0(100.0)
㈱シンコーモールド100
㈱信越マグネット100
シンエツポリマーインディアPvt.Ltd.100.0(100.0)
P.T.シンエツポリマーインドネシア100.0(100.0)
シンエツポリマーシンガポールPte.Ltd.100.0(100.0)
信越聚合物(上海)有限公司100.0(100.0)
信越聚合物(香港)有限公司100.0(100.0)
シンエツポリマーハンガリーKft.100.0(100.0)
シンエツポリマータイランドLtd.100.0(100.0)
東莞信越聚合物有限公司100.0(100.0)
㈱ヒューマンクリエイト100.0(100.0)
蘇州信越聚合有限公司100.0(100.0)
S.E.H.シャーラムSDN.BHD.100.0(100.0)
シンエツハンドウタイシンガポールPte.Ltd.100.0(100.0)
SE タイローズUSA,Inc.100.0(100.0)
K-Bin,Inc.100.0(100.0)
信越有机硅(南通)有限公司100.0(7.1)
信越(江蘇)光棒有限公司75
鹿島電解㈱79
鹿島塩ビモノマー㈱70.6
シンエツマグネティックマテリアルズベトナムCo.,Ltd.100
信越電子材料(股)100
長飛信越(湖北)光棒有限公司51
シンエツポリマーベトナムCo.,Ltd.100.0(100.0)
シンエツエレクトロニクスマレーシアSDN.BHD.100
信越(香港)有限公司100
浙江信越精細化工有限公司100
シンエツニューマテリアルズタイランドLTD.100.0(100.0)

その他 23社

信越化学の関連会社

信越化学の関連会社は下記の通り。議決権の( )内は間接所有割合で内数。

関連会社議決権(%)
三益半導体工業㈱43.8(1.1)
信越石英㈱50
㈱アドマテックス25.8

【 関連記事 】
信越化学とSUMCOの違いと比較
信越化学工業と信越ポリマー、三益半導体工業の関係

【 子会社と関連会社 一覧 】
住友化学 信越化学 花王 資生堂 クラレ 旭化成

子会社 関連会社 一覧
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました