ビジネスパーソンにオススメしたい無料ニュースサイト一覧【まとめ】

個人的にも使っており、オススメしたい無料のニュースサイトをまとめました。アプリと違いダウンロードが必要なく、お気に入りに入れておくだけでいつでも読めます。日本語だけでなく、同じニュース記事を英語で読むのもオススメです。私の普段使いの頻度で1位~7位まで並べています。

1位 REUTERS ロイター

日本語版 英語版

Reutersは英国の通信社。AFPやAPと並び、世界3大通信社と言われる。上記リンク先は世界の金融・経済・ビジネスのニュースが中心。

2位 Bloomberg ブルームバーグ

日本語版 英語版

Bloombergは米国の通信社。ニューヨーク市長であったブルームバーグが創業した。上記リンク先は世界の金融・経済・ビジネスのニュースが中心。

3位 CNN

日本語版 英語版

CNNは米国のニュースチャンネル。世界初の24時間放送のニュース専門チャンネルとして知られる。上記リンク先は世界の幅広い分野のニュースを扱う。

4位 BBC 英国放送協会

日本語版 英語版

BBCは英国の公共放送。公共放送であって国営放送ではないという点でNHKと共通点を持つ。上記リンク先は国際、海外ニュースが中心。ビジネスのニュースは少ない。

5位 JETRO 日本貿易振興機構

ビジネス短信

経産省が所管する日本の独立行政法人。海外のビジネス情報の調査や研究も行っている。上記リンクは海外のビジネスに関するニュースに特化している。

6位 AFP フランス通信社

日本語版

AFPはフランスの通信社。ReutersやAPと並び、世界3大通信社と言われる。上記リンク先は世界の幅広い分野のニュースを扱う。ビジネスのニュースは少ない。

7位 時事通信社

日本語版 英語版

日本の通信社。戦前の同盟通信社がGHQにより、時事通信社と共同通信社に分割された。上記リンク先は日本の幅広い分野のニュースを扱う。ビジネスのニュースは少ない。

上記の他にも、NHKや民放のニュースサイト、各新聞社の無料記事、無料のニュースアプリなどありますが、私はあまり使いません。ReutersとBloombergの無料2サイト、これに日経新聞(有料)を加えた計3サイトが私のメインの情報源です。

ビジネス用語
業界研究をするなら 東洋経済 vs. 日経
業界研究をするなら、次の2冊がおすすめ。どちらを選ぶかはお好みで。
会社四季報 業界地図」は、会社四季報や週刊東洋経済で有名な東洋経済新報社による1冊。174業界、4080社についてまとめられている。業界地図としては11年連続で売上No.1。
日経 業界地図」は、言わずと知れた日本経済新聞社による1冊。181業界、4300の企業や団体についてまとめられている。掲載ボリュームは東洋経済を凌駕する。
かいとビジネス
タイトルとURLをコピーしました